無垢材

人にやさしい「無垢材」

接着剤を使用して、張り合わせている合板に対して、一本の原木から直接必要な寸法に切り出した無垢材は接着剤などを使用していません。そのため、ホルムアルデヒドなどのシックハウスの原因などは一切発生することなく、健康に暮らせる自然素材の家には必要不可欠です。
コウケン社では様々な種類の無垢材を取り扱っているため、お施主様のニーズに合わせた無垢材を選んでいただくことができます。木にはそれぞれ、特徴や色味が異なるため、それぞれの特徴をよくご理解した上で、自分に合った無垢材をお選びください。

無垢材の種類と特徴

パイン(松)

柔らかい、節や木目の素朴さが安心感が感じられます。年数が経つと飴色に変わり、愛着と独特の風合いと魅力がでます。触覚は温かみがあり、自然の木の感触を感じられます。柔らかいので、床材に使うと足首、ひざ、腰に負担が少ないです。

木目がまっすぐ通っていて、柔らかく加工しやすいのが特徴です。用途も幅広く柱や貫などの構造材として、天井や壁、床などの内装材として、また、障子や襖などの建具材としても使われます。国産材のなかでは、比較的安く手に入る材料です。

オーク

加工しやすい種が多く、ヨーロッパや北アメリカでは家具やフローリング、ウィスキーやワインの樽の材料などに広く使われる。木肌は中程度から粗めの堅い木材で、木目がはっきりし、特に柾目面にはそれが美しい模様として現れる。

ひのき

乾燥性が良くて狂いが少ない高級木材です。材質は柔らかく軽いですが、強度と耐朽性が高い優良材といえます。柱や土台に使われます。光沢のある木肌や独特の薫りが人気の木材です。

メープル

素材は硬い木材です。木目は柔らかでやさしい表情をしています。色は淡い桃色~淡い紅色。肌目は緻密で綿糸状の光沢があり、とても繊細で美しく綺麗です。堅くて割れにくく、椅子やテーブルに向いています。

チーク

チークはマホガニーやウォールナットと並び、「世界三大銘木」と称えられています。最大の特徴は耐久性と強度。樹脂分が多く接着に技術を要しますが船の甲板に使われるなど、その樹脂分が非常に耐久性のある木材をなっています。

Copyright(C) 2012 KOUKENSYA. All right reserved.